尿酸値ストップ
尿酸値を抑えるにはザイロリックに限る   >   体内で生成される尿酸

体内で生成される尿酸

尿酸値

尿酸という言葉はあまり耳馴染みした言葉ではなく、また良いものではないというイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか?
皆がイメージする良いものではない尿酸も、人間の体には生成する機能が備わっています。
生成されるということは、体には必要なものであり、必ずしもわるいものではありません。
痛風の時によく尿酸が多いやら高尿酸血症やら言いますが、それは尿酸が不必要なものであるという意味ではないということです。
生成されるくらいなので、当たり前に必要な成分であり、過剰な状態がダメであるということです。

男女の尿酸値の基準値は7.0mg/dlであり、この数値を超えてはじめて「高尿酸血症」と呼ばれます。
尿酸は、もともと核酸と呼ばれるものから始まっており、プリン体→ヒポキサンチン→キサンチンと経て「尿酸」になります。

人間の体内では一日に約600mgの尿酸が生成されます。
その生成された尿酸は、体内に溜められ→排泄され→また生成されては→体内に溜め→排出するといったことを行ない、ある一定の基準値の状態をキープしています。
通常その作られた尿酸や、体外から吸収された尿酸は合計で約1000mg=1g溜められています。

1日に約600mg生成されるということは、均等に排出される尿酸も600mgになるということです。
正常にこの状態が働いていれば問題ないのですが、このバランスが崩れると、体内に蓄積している尿酸の量が多くなってしまい、尿酸値があがってしまい、高尿酸血症になります。
逆に、尿酸の生成が少なくなってしま、排出している量が増えてしまうと、体内に蓄積している尿酸値がさがり、低尿血症になってしまいます。
どちらの場合も、一定値を大幅に上下してしまい、多すぎても、少なすぎても体には良くないということです。